宇都宮でおすすめの不動産売却業者をランキング形式で紹介します!

不動産を売却するためには、さまざまな手続きや書類の準備などが必要です。専門的な売却の知識が必要になり、売却方法もさまざまなので、簡単にできることではありません。

売却に関する知識は自分でもある程度学ぶことが大切ですが、しっかりとサポートを受けながら効率よく売却するためには「不動産売却業者」に依頼するのがおすすめです。そして不動産を売却する場合、いろいろと知っておかなければならないポイントが存在します。

・どのようにして売却方法を選べばいいのか?
・媒介契約の違いとは?
・より高く売却するためにはどうすればいいのか?

少なくとも上記のような疑問に対する答えは知っておかないと、不動産売却業者選びを成功させるのは難しくなってしまいます。当サイトではしっかりと解説を行っているので、ぜひ確認してみてください。

また、WEBアンケートをもとにおすすめの不動産売却業者をランキング形式でご紹介しています。ほかにも「そもそも売却にはどのような方法があるのか」「媒介契約ごとのメリットやデメリット」「不動産売却の流れ」などの解説もしています。

業者についてだけでなく、こうした基本的な知識も持っておくと、いざというときにとても役立ちます。あらかじめ当サイトで解説している内容を把握し、後悔のない不動産売却を行いましょう。

おすすめの不動産売却業者

【宇都宮】おすすめの不動産売却業者ランキング比較表

イメージ1
2
3
企業名三栄不動産センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)ピタットハウス
特徴「早く売りたい」「高く売りたい」という両方のニーズにお応えできる地元密着企業高品質で訴求力の高いビジュアルアプローチお客様のご要望にお応えする、多彩な売却システム
営業時間・定休日営業時間 9:00~18:00 定休日 日曜日営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】
営業時間 10:00〜17:00
定休日 火曜日・水曜日・祝日
電話番号028-636-81040120-803-510【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】
028-610-7739
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
昭和39年創業、不動産売買のプロ。地域密着型で、顧客からの信頼度が高い
三栄不動産の画像

引用元:http://www.3ei-f.com/

三栄不動産は昭和39年に創業された会社で、地元に根差してしっかりと信頼を築き上げていて、地元企業ならではのノウハウを持っています。宇都宮市を中心に栃木県エリアの情報を熟知し、不動産オーナーとの協力体制が築けているからこその充実したサービスを提供しているのです。

また、現状に満足することなく、必要な知識を身につけ続けているので、他社で断られてしまったような場合でも対応してもらえることが期待できます。

三栄不動産の画像

引用元:http://www.3ei-f.com/

三栄不動産は昭和39年に創業された会社で、地元に根差してしっかりと信頼を築き上げていて、地元企業ならではのノウハウを持っています。宇都宮市を中心に栃木県エリアの情報を熟知し、不動産オーナーとの協力体制が築けているからこその充実したサービスを提供しているのです。

また、現状に満足することなく、必要な知識を身につけ続けているので、他社で断られてしまったような場合でも対応してもらえることが期待できます。

三栄不動産のおすすめポイント


昭和39年創業
多くのお客様に支えられて

お客様との信頼関係
まっすぐ向き合うから生まれる信頼

地域密着型不動産
「高く・早く売れる」適正な査定額

不動産のプロ
つねに向上、つねに前進

三栄不動産に寄せられた口コミ・評判

スムーズに土地売却できた

【三栄不動産を知ったきっかけは?】
健築会社様から竹本さんをご紹介頂いた事がきっかけです。

【三栄不動産で売却依頼を決めた理由は?】
竹本さんの物件取り引きについての内容、ご説明が大変解りやすく、安心してお願いしたいと思いました。竹本さんのお人柄が大変良く、信頼してお願いできると思いました。

また、いちど三栄不動産にお電話で問い合わせて頂いた時の女性事務員様の対応が大変感じ良く 三栄不動産に高印象を持ちました。

【三栄不動産で契約から引渡しまでどうでしたか?】
竹本さんが大変誠実に、何の不安もなく流れもスムーズに契約から引き渡しまでとり行なって頂きました。大変満足しております。ありがとうございました。

引用元:http://www.3ei-f.com/

三栄不動産の基本情報

住所
【三栄不動産 株式会社】

〒320-0832

栃木県宇都宮市日の出1-6-4
営業時間・定休日
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
電話番号
028-636-8104
免許証番号
栃木県知事免許(15)第256号
アクセス
顧客を第一に考えた不動産仲介会社!顧客に寄り添う最適なプランを提案
センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)の画像

引用元:https://www.house-gate.net/

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター) は、センチュリー21ブランドの非常に高いブランド力を売りにしています。不動産売買累計取扱高が18億1,900万円、不動産売却査定取扱件数は243件となっているなど、センチュリー21のブランド力がどれだけ高いのかが分かる実績も挙げているので、安心して不動産売却の相談をすることが可能です。

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)の画像

引用元:https://www.house-gate.net/

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター) は、センチュリー21ブランドの非常に高いブランド力を売りにしています。不動産売買累計取扱高が18億1,900万円、不動産売却査定取扱件数は243件となっているなど、センチュリー21のブランド力がどれだけ高いのかが分かる実績も挙げているので、安心して不動産売却の相談をすることが可能です。

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)のおすすめポイント


ブランド力が高い
センチュリー21ブランド

集客力に優れる
スピードと販売力が違う

付加サービスが充実
細かなサービスが豊富

安心の保証制度
独自の制度がたくさんある

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)に寄せられた口コミ・評判

大満足の取引でした

宇都宮の父の家の処分でネットのおうちダイレクトさんから、ご縁を頂きました。3社から、見積もりをもらいましたが、 ハウスゲートさんは他県であるうちまでフットワーク良く来て下さりました。お陰様で、不慣れな不動産取り引きでも、きめ細かな対応で、安心して進める事が出来ました。

何より、今まで処分に消極的だった父が、ハウスゲートさんのIさんやTさんの人柄にも触れ、大満足の取り引きのようでした。大切な家の処分は、思い出も壊してしまうような痛みも伴うものです。その際、ハウスゲートさんに寄り添って頂き、売却出来たことをとても感謝しております。ありがとうございました!

引用元:https://www.google.com/

センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)の基本情報

住所
センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)


〒321-0968

栃木県宇都宮市中今泉3-2-14
営業時間・定休日
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
電話番号
0120-803-510
免許証番号
栃木県知事(1)第5231号
アクセス
サポートプランにより安心して売却できる!多彩な不動産売却メニューが魅力
ピタットハウスの画像

引用元:https://www.pitat.com/sell

ピタットハウスには、一般的な売却方法のほかに、さまざまな要望に応えるための特別な売却方法が用意されています。マイホームオークション、買取保証「スイッチ45」、リースバック、つなぎローン、どっちも査定(売買・賃貸W査定)といったものがあるので、興味がある方はぜひ一度相談してみてください。

ホームページでも内容を確認することができるため、そちらを見てみるのもおすすめです。

ピタットハウスの画像

引用元:https://www.pitat.com/sell

ピタットハウスには、一般的な売却方法のほかに、さまざまな要望に応えるための特別な売却方法が用意されています。マイホームオークション、買取保証「スイッチ45」、リースバック、つなぎローン、どっちも査定(売買・賃貸W査定)といったものがあるので、興味がある方はぜひ一度相談してみてください。

ホームページでも内容を確認することができるため、そちらを見てみるのもおすすめです。

ピタットハウスのおすすめポイント


売却システムが多彩
他にはないシステムが豊富

広いネットワーク
650店舗のネットワーク

優れた保証制度
売却後のことも安心

オークションにも対応
マイホームオークションも○

ピタットハウスに寄せられた口コミ・評判

早く売却できた

持家を売却したのですが対応良く、一生懸命で早く売却出来てとても良かったです。

引用元:https://www.google.com/

ピタットハウスの基本情報

住所
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】

〒321-0968

栃木県宇都宮市中今泉2-11-8

※ほか、宇都宮市内に3店舗展開。
営業時間・定休日
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】

営業時間 10:00〜17:00

定休日 火曜日・水曜日・祝日
電話番号
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】

028-610-7739
免許証番号
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】

栃木県知事(14)第1308号
アクセス
エリアごとに強いネットワークあり!高い売却力と充実のサポートが魅力
東海住宅の画像

引用元:https://www.10kai.co.jp/contents/code/tochigi?re=1679968254

東海住宅は地元密着の売却力が強みで、確かなネットワークを活用して顧客に喜ばれるサービスを提供しています。無料見積もりサポートを実施しているので、不動産売却について悩んでいる人は問い合わせてみるとよいでしょう。

さらに、年間約2,000件の売買実績があるため、実績の面でも非常に優れている会社といえます。

東海住宅の画像

引用元:https://www.10kai.co.jp/contents/code/tochigi?re=1679968254

東海住宅は地元密着の売却力が強みで、確かなネットワークを活用して顧客に喜ばれるサービスを提供しています。無料見積もりサポートを実施しているので、不動産売却について悩んでいる人は問い合わせてみるとよいでしょう。

さらに、年間約2,000件の売買実績があるため、実績の面でも非常に優れている会社といえます。

東海住宅のおすすめポイント


地元に密着
地域密着ならではの売却力

広告数が豊富
ポータルサイトも活用

専門のスタッフ
売却専門スタッフを配置

多店舗を展開
首都圏などに21店舗を展開

東海住宅に寄せられた口コミ・評判

スタッフの対応が心強い

宇都宮市内の物件を手放すことにした際に、相談した会社さん。不動産売却はある程度の知識を持っていたものの、テクニカルな部分は担当さんから教えて頂けたので、非常に心強かったです。

引用元:https://www.google.com/

東海住宅の基本情報

住所
【宇都宮支店】

〒321-0954

栃木県宇都宮市元今泉3-20-41
営業時間・定休日
【宇都宮支店】

営業時間 9:30~18:30

定休日 火曜日・水曜日
電話番号
【宇都宮支店】

0120-089-087
免許証番号
国土交通大臣免許(13)第1961号
アクセス
地域密着型の高いサービス力が魅力!即金買取やスピーディーな取引に対応可能
LIXIL不動産ショップ 小金井不動産の画像

引用元:https://www.tochigisatei.com/

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産は、査定の際は必ず宅建士が来てくれることになっています。査定士は全14名在籍しているので、安心して査定を頼むことが可能です。

また、LIXIL不動産ショップ加盟店の中でも成績優秀者数が全国No.1となっているため、スタッフの質の高さを重視するのなら、小金井不動産をぜひ検討してみてください。

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産の画像

引用元:https://www.tochigisatei.com/

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産は、査定の際は必ず宅建士が来てくれることになっています。査定士は全14名在籍しているので、安心して査定を頼むことが可能です。

また、LIXIL不動産ショップ加盟店の中でも成績優秀者数が全国No.1となっているため、スタッフの質の高さを重視するのなら、小金井不動産をぜひ検討してみてください。

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産のおすすめポイント


創業59年
とても長く地域に密着

宅建士が査定
査定は必ず宅建士が担当

優秀なLIXIL加盟店
成績優秀者数が多い

即金買取に対応
至急売却希望者にも最適

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産に寄せられた口コミ・評判

安心して売却できた

この度は、丁寧な対応とスムーズな売却までのやりとりをさせていただきました。不安な点もありましたが親切に答えて頂き、疑問がない状態で無事、家を売ることができました。

ありがとうございました。

引用元:https://www.tochigisatei.com/

LIXIL不動産ショップ 小金井不動産の基本情報

住所
【小金井不動産 鶴田店】

〒320-0851

栃木県宇都宮市鶴田町1366-1

※ほか、宇都宮市内に4店舗展開。
営業時間・定休日
【小金井不動産 鶴田店】

営業時間 10:00~18:00

定休日 水曜日
電話番号
【小金井不動産 鶴田店】

028-612-3668
免許証番号
栃木県知事(16)第62号
アクセス
東証上場企業のブランド力で事業を展開、不動産売買仲介の専門フランチャイズ
ハウスドゥの画像

引用元:https://www.housedo.com/sell/

ハウスドゥは全国に695店舗を展開しているので、地域に密着して豊富なデータを持っていることによって、信頼性の高い査定を行えます。データをもとにした適切な査定額を提示してくれるため、査定額の正確さを求める人におすすめです。

さらに、全国ネットワークによる宣伝力もあるので、素早く確実に売却したいという人にもぴったりといえます。

ハウスドゥの画像

引用元:https://www.housedo.com/sell/

ハウスドゥは全国に695店舗を展開しているので、地域に密着して豊富なデータを持っていることによって、信頼性の高い査定を行えます。データをもとにした適切な査定額を提示してくれるため、査定額の正確さを求める人におすすめです。

さらに、全国ネットワークによる宣伝力もあるので、素早く確実に売却したいという人にもぴったりといえます。

ハウスドゥのおすすめポイント


査定額が適切
データをもとに額を提示

宣伝力が高い
ネットワークを活用して宣伝

対応力も抜群
ニーズに応じた提案が可能

相談は無料
費用なしで相談が行える

ハウスドゥに寄せられた口コミ・評判

査定から売却までスムーズ

マンションの売却を依頼させていただきましたが、査定から売却まで大変スムーズに対応していただきました。また何かありましたらお願いします。

引用元:https://www.google.com/

ハウスドゥの基本情報

住所
【ハウスドゥ! 宇都宮東店】

〒321-0973

栃木県宇都宮市岩曽町1332-2

※ほか、宇都宮市内に2店舗展開。
営業時間・定休日
【ハウスドゥ! 宇都宮東店】

営業時間 9:00~19:00

定休日 水曜日
電話番号
【ハウスドゥ! 宇都宮東店】

028-660-4033
免許証番号
栃木県知事(6)第4084号
アクセス
栃木県の宇都宮エリアを中心に不動産仲介業を行う、地域密着型の不動産会社
アスムの画像

引用元:http://asm-utsunomiya.com/

アスムは宇都宮市を中心として、栃木県内の土地・戸建・マンションといった不動産についての相談に応じています。売却においては少しでも高い価格での売却を実現するために力を尽くしてくれますが、しつこい営業はしないので安心です。

また、無料査定にも応じていて、市場動向や取引実績などをもとに価格を算出してくれます。

アスムの画像

引用元:http://asm-utsunomiya.com/

アスムは宇都宮市を中心として、栃木県内の土地・戸建・マンションといった不動産についての相談に応じています。売却においては少しでも高い価格での売却を実現するために力を尽くしてくれますが、しつこい営業はしないので安心です。

また、無料査定にも応じていて、市場動向や取引実績などをもとに価格を算出してくれます。

アスムのおすすめポイント


しつこい営業はしない
営業を断る手間が省ける

無料査定にも対応
現地調査をもとに査定

誠実な対応を行う
要望にしっかり耳を傾ける

空き家・空き地管理○
空き家などの管理も頼める

アスムに寄せられた口コミ・評判

充実したサポート

相続した実家の売却でお世話になりました。細かくお話しを聞いて頂き、相続するまでと相続した後の売却までしっかりサポートして頂きました。安心してお任せできました。

引用元:https://www.google.com/

アスムの基本情報

住所
【アスム株式会社】

〒321-0968

栃木県宇都宮市中今泉1-13-12
営業時間・定休日
営業時間 9:30~19:00
定休日 火曜日・水曜日
電話番号
028-666-5366
免許証番号
栃木県知事(2)第5064号
アクセス

宇都宮市の物件種別ごとの売却相場

マンションの場合の売却相場

マンションを売るには、不動産売却についてきちんと理解しておかなければいけません。また売る地域の特徴やどんな物件が高く売れやすいかもきちんと知っておく必要があります。

そのあと、売却相場や動向などを確認ながら賢く売却します。ここでは、宇都宮市でマンションを売る場合の相場・動向・費用・流れなどを解説します。

マンションを売るには?

マンションは、仲介・個人売買・買取の何れかで売ることができます。どの方法が適しているかは個人によって異なりますが、個人売買は不動産売却の知識が必要になるため、初心者には難易度が高くなります。そのため、仲介もしくは買取を選択する方が多いでしょう。

仲介は、不動産会社に依頼して売る方法です。不動産会社が買主を探してくれるので、はじめての方でも売却しやすく、比較的スムーズに買主が見つかります。

また相場に近い価格で売却できるのも仲介の特徴です。ただし、売却が完了するまでに時間がかかるため、なるべく早く売りたい方には不向きでしょう。

一方で買取は、不動産会社にマンションを買取ってもらう方法になります。買主を探す手間が省けるので時間をかけずに売却できますが、相場より安くなるのがネックです。

相場・売却動向

宇都宮市のマンション売却相場は、2023年10月のデータ(不動産取引価格情報)によると2,112万円です。

さらに深掘りをすると、専有面積70.7㎡の平均相場は2,163万円、賃料の平均相場は11.5万円となっています。面積は前月に比べ6%アップしていますが、前年に比べると20%ダウンしており、取引件数も55件と減少気味です。

ようするに、宇都宮市はマンションの売却相場が下がっているため、売るなら今がベストということになります。価格が急下降する前に売却するのが賢明でしょう。

もちろん、売却する際は築年数・間取りなども考慮して判断する必要があります。

売却時の費用・流れ

マンションを売るには、相場や動向だけでなく、売却時に発生する手数料や流れなども理解しておかなければいけません

一般的に、仲介手数料・印紙税・登記/抵当権抹消費用・住宅ローン返済手数料などがかかってきますが、場合によっては引越し費用・ハウスクリーニング費用なども必要です。また万が一利益が出ると、譲渡取得税も発生するでしょう。

宇都宮市は現在2,112万円が平均相場になりますが、エリアや駅からの距離などでも大きく変わってきます。駅から徒歩圏内であれば当然高くなりやすく、徒歩圏外になると徐々に価格が下がっていきます。

しかし利便性がよく、生活環境が整っている場合、さらにマンションの外観・内観がよい物件は、多少駅から遠くても価格は上がります。

ちなみに、直近1年で成約したマンションでもっとも価格が高かったエリアは、大通りの5,200万円です。駅から徒歩4分、築2年と非常に条件がよく、さらに間取りも3LDKとちょうどよいでしょう。

同じ大通りでも、駅から徒歩8分、築50年、2DKのマンションは390万円と大幅に価格がダウンしています。宇都宮市の平均築年数が20年ですから、それ以上の年数になると、たとえアクセスしやすいエリアでも一気に価格は下がってしまうでしょう。

高く売れるマンションの特徴

宇都宮市は、北関東のなかでもっとも大きい都市として知られており「宇都宮餃子」が有名な場所です。また、首都圏からアクセスしやすく助成制度も充実しているので、非常に住環境に恵まれています。

マンションを高く売るには「主要都市に近いこと」も重要になりますから、それを考えると宇都宮市はマンション売却に適した地域といえるでしょう。

ほかにも、駅から徒歩10分以内、築年数が新しいことなども含まれます。どんなに駅からアクセスしやすいエリアでも、築50年の物件は残念ながら売れません。売れたとしても価格はグンと下がってしまいます。先ほどの成約事例を見ると納得できるでしょう。

一戸建ての場合の売却相場

宇都宮市は、マンションよりも一戸建てのほうが購入ニーズが高まっているといわれています。そのため、このエリアで物件を売りたい方はマンションより一戸建てのほうが需要は高いといえるでしょう。

ここでは、一戸建ての売却相場・動向などを解説します。

相場・売却動向

今半期の売却価格は2,628万円、前半期は2,380万円と247万円もアップしており、築年数20年であってもそれなりの価格で買取ってもらうことができます

しかし一方で、取引件数は153件から101件と少し減少しています。それでもマンションに比べると売れやすくなっていますから、売却を考えている方は今がベストでしょう。

ちなみに、宇都宮市でもっとも市場価格が高かったのは2021年です。2011年・2018年・2019年は低いものの、ここ10年間で大幅にダウンしている様子はありません。

ただやはり、エリア・駅からの距離・築年数で差は出てきます。また駅から遠くても、状態がよければ価格は高くなります。たとえば駅から徒歩60分の岩曽町は、築34年にもかかわらず5,000万円で売れています。

土地面積も500㎡と大きいことが関係していますが、ほかの部分も考慮すると駅から遠くても十分価値のある物件になるといえるでしょう。

高く売れる一戸建ての特徴

一戸建てを高く売るには、地域の特性を知る必要があります。宇都宮市は北関東でもっとも大きな都市といわれており、立地・交通ともに条件がよいのが特徴です。また歴史や文化の中心地としても栄えていることから首都圏への発展も著しく、人口も県内では25市区町村中、一番を誇っています。

そんな宇都宮市ですから、一戸建ての需要も高く、売却にもってこいなのでしょう。住みやすさや子育てのしやすさも常にランクインしているほどです。

ただ近年、宇都宮市の公示地価は減少傾向にあるといわれています。2000年代には郊外にショッピングセンターが開発され、さらに車社会で郊外への移動も簡単になりました。この30年で農家も減ってきていますから、売却の際はそのへんも考慮して検討する必要があるでしょう。

土地の場合の売却相場

近年、農家離れが増えたことで土地価格が上がりにくくなっているといわれています。その理由は、先ほども述べたとおり郊外の需要が高まっていることや車社会などが挙げられます。

土地を売却しようと考えている方は、そのことも懸念する必要があるでしょう。ここでは、宇都宮市の土地売却相場や動向について解説します。

相場・売却動向

平均売却価格は1,954万円です。年々土地の価値が下がっているため、前半期に比べると300万円近くダウンしています。取引件数に関しても161件が102件に減っていますから、今後さらに下落することを考えると今売却しておいたほうが賢明でしょう。

またエリアによっても大きく変動し、比較的売るのに適しているのは下砥上町・雀の宮・春日町などです。4,000万円以上のところが多いので、ほかのエリアよりも買い手が見つかりやすいでしょう。なかでも下砥上町は、最寄り駅(鶴田)から徒歩14分・坪単価26万円・土地面積2,000㎡で売却価格が16,000万円と非常に高額です。

土地が広いことも関係していますが、同じ下砥上町でもたった60万円でしか売れていない土地もあるため、不動産会社と相談しながら賢く売却しましょう。

高く売れる土地の特徴

高く売れる土地というのは、わかりやすくいうと「需要が高い」ことです。ただ広いだけでは売れませんし、駅から近いだけでも需要は上がりません。

ポイントは「利便性の高さ」「建築しやすい」の2つになります。駅近であることはもちろんのこと、アクセスしやすい場所に大型商業施設があったり、教育機関が整っていたりなども大きく影響します。当然、生活をするうえで便利なエリアは売却率が上がるでしょう。

さらに家が建てやすい条件も必要不可欠です。土地やエリアによって制限があるため、土地面積=同じ広さの家が建てられるわけでは限りません。ですから、土地を売る際は建ぺい率・容積率の高さや整形地、用途地域の制限が少ないなども含めて考えておきましょう。

ちなみに、相場より売却価格が高い場合や立地条件が悪い土地、地盤が弱いところも売れにくくなるので注意してください。

宇都宮市の不動産売却事例・実績

所在地取引総額土地面積延床面積建築年取引時期
宇都宮市 石井町1,400万円135m² 90m²平成17年R05/07-09月
宇都宮市 石井町3,400万円410m² 250m² 平成9年R05/01-03月
宇都宮市 石井町3,800万円210m²115m²令和4年R04/10-12月
宇都宮市 石井町3,300万円185m² 115m²令和4年R04/10-12月
宇都宮市 泉が丘2,700万円165m² 100m² 令和4年R05/07-09月
宇都宮市 泉が丘3,300万円175m² 150m² 平成17年R05/07-09月
宇都宮市 泉が丘3,800万円150m²165m² 令和5年R05/01-03月
宇都宮市 泉が丘2,900万円165m²440m² 令和5年R05/01-03月
宇都宮市 泉が丘2,500万円440m² 210m²昭和60年R04/10-12月
宇都宮市 泉が丘3,000万円210m²290m² 平成30年R04/10-12月

※上記の宇都宮市の不動産売却データは、国土交通省【土地総合情報システム】に掲載されている「宅地(土地、土地と建物)」の不動産取引価格情報です。

【その他】宇都宮の不動産売却業者

株式会社PLAYWORK
基本情報
住所 【株式会社PLAYWORK】
〒320-0862
栃木県宇都宮市西原1丁目3-4 アレット内
【株式会社PLAYWORK KAERU不動産・宇都宮】
〒321-0912
栃木県宇都宮市石井町3431-56
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜21:00
定休日 水曜日
電話番号 0120-726-812/050-5526-4032
免許証番号 記載なし
株式会社ARAI開発
基本情報
住所 【株式会社ARAI開発】
〒321-0968
栃木県宇都宮市中今泉3丁目14番21号 オノ•ラーブルー 301号
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜日
電話番号 028-612-7231
免許証番号 栃木県知事免許(3)第4889号
宇都宮不動産
基本情報
住所 【宇都宮不動産株式会社】
〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東3丁目27-3 ウィスタリア1F
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜日
電話番号 028-680-5766
免許証番号 栃木県知事(2)第4790号
フェイバーネット
基本情報
住所 【フェイバーネット】
栃木県宇都宮市石井町3128-5
営業時間・定休日 記載なし
電話番号 0120-892-891
免許証番号 栃木県知事免許(1) 第5018号
蘭学通り不動産
基本情報
住所 【蘭学通り不動産】
〒321-0225
下都賀郡壬生町本丸2-1-5 佐藤ビル 1階
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜18:00
定休日 記載なし
電話番号 0282-21-8788
免許証番号 栃木県知事(1)5126
株式会社ブリスコ
基本情報
住所 【株式会社ブリスコ】
栃木県宇都宮市旭一丁目4番28号MCCビル2F
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00
定休日 記載なし
電話番号 028-689-8070
免許証番号 宅地建物取引業免許 栃木県知事免許(1)第5058号
有限会社エコー
基本情報
住所 【有限会社エコー】
〒321-0968
栃木県宇都宮市中今泉3丁目11-11
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜日・日曜日
電話番号 028-614-1017
免許証番号 栃木県知事免許(5)第4225号
旭栄不動産
基本情報
住所 【旭栄不動産】
宇都宮市御幸本町4732番地 清水コーポ1階
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜日・祝日
電話番号 028-680-7363
免許証番号 栃木県知事(1)第5152号
高山不動産宇都宮
基本情報
住所 【株式会社高山不動産宇都宮】
〒321-0925
栃木県宇都宮市東簗瀬1-28-5
営業時間・定休日 記載なし
電話番号 028-678-4721
免許証番号 栃木県知事免許(1)第5328号
おうちねっとイエステーション宇都宮店
基本情報
住所 【おうちねっとイエステーション宇都宮店】
栃木県宇都宮市泉が丘6-3-25
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日・水曜日
電話番号 028-662-1021/0120-60-1021
免許証番号 栃木県知事(2)第4985号
フルハウス
基本情報
住所 【株式会社フルハウス】
〒321-0981
栃木県宇都宮市上野町6064-10
営業時間・定休日 営業時間 9:30〜18:30
定休日 水曜日
電話番号 028-666-5888
免許証番号 栃木県知事免許(2)第5075号
幸成不動産
基本情報
住所 【有限会社幸成不動産】
〒320-0851
宇都宮市鶴田町2771番地
営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜日・祝日・隔週火曜日
電話番号 028-632-8878
免許証番号 栃木県知事免許(7)第3654号
株式会社 サンプラン
基本情報
住所 株式会社サンプラン
【本社】
栃木県宇都宮市東宿郷5-3-9-105
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜17:30
定休日 水曜日
電話番号 0120-088-864
免許証番号 栃木県知事免許(5)第4321号
SUMiTAS(スミタス)
基本情報
住所 株式会社SUMiTAS
【東京事務局】
東京都港区浜松町2丁目5-3
営業時間・定休日 記載なし
電話番号 0120-000-939
免許証番号 国土交通大臣(1)第10075号
ハンディホーム
基本情報
住所 【ハンディホーム株式会社】
〒329-0511
栃木県下野市石橋520-1
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜20:00
定休日 記載なし
電話番号 0285-38-6661
免許証番号 栃木県知事免許(1)第5155号
株式会社Y’s Style
基本情報
住所 【株式会社Y’s Style】
〒320-0053
栃木県宇都宮市戸祭町 2638-3
営業時間・定休日 営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜日
電話番号 028-621-8133
免許証番号 栃木県知事(3)第4854号
ここからは、不動産売却の方法をはじめ「媒介契約による違い」「宇都宮での不動産売却業者選びのポイント」などについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

不動産を売るには?仲介と買取の違いとそれぞれの特徴を解説

不動産を売るには?仲介と買取の違いとそれぞれの特徴を解説の画像

不動産を売却する方法には、大きく分けて「仲介」と「買取」の2種類があります。ここではそれぞれどのような売却方法であるのか、特徴やメリットなどについて詳しくご紹介していくので売却方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

仲介

仲介とは不動産を売却したい売主と、購入したい買主の間に不動産売却業者が入ってさまざまなサポートをしてくれる売却方法です。売主が仲介で売却を依頼すると不動産会社が自社サイトやポータルサイト、また広告などを使って不動産の宣伝を行い買取希望者を広く募ります。

希望者が見つかると不動産売却業者が売主との間に入って契約条件をすり合わせたり、契約手続きなどの各種調整を行います。契約が完了した後も不動産の残金決済や引渡しが完了するまでのさまざまなサポートを行ってくれます。

詳しくは次の項でご紹介しますが仲介には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの契約方法があり、契約方法によっても特徴が異なりますが、基本的には売却が成立すると仲介手数料が発生することになります。また一般的には契約期間が3か月と設定している場合が多いため、3か月以上買い手がつかなかった場合は条件を変更して再契約を行うケースがあります。

そんな仲介のメリットは、希望に近い価格で売却できる可能性があるということです。仲介での売却価格は売主の希望もある程度尊重して決めてもらうことができるので、相場価格から大きく変わらない価格で売却できることがあります。また幅広い範囲で買取希望者を募るので、よりよい条件で購入してくれる方を見つけやすいというのも仲介のメリットです。

買取

買取は不動産買取業者が買主となり、直接不動産を買い取る方法です。買取を依頼すると担当者が査定を行い、その査定額や買取条件に売主が納得できれば買取の手続きを進めていくことになります。仲介とは違い一から買主を探すことがないので、すぐに現金化できるというのが買取の大きな特徴です。

仲介では最低でも売却完了まで3か月以上かかるのに対して、買取は1か月以内で完了できることが多いです。早期売却ができるため住み替えなどの場合も資金計画を立てやすい点、また相続などでできるだけ早めに売却したい点などから買取を選択する方も少なくありません。

すぐに売却が完了するという部分ではメリットが大きい買取ですが、買取価格は相場の7~8割程度になってしまうのが一般的です。これは買い取った不動産会社がリフォームなどをして買主を見つけることから、それにかかる費用などが差し引かれた額で取引されるためです。できるだけ高く売りたいという場合は、買取ではなく仲介のほうが向いているかもしれません。

POINT
  • 仲介は不動産会社が間に入り買取希望者を募ったり契約のサポートをしてくれたりする方法
  • 買取は不動産会社が直接買い取る方法で即現金化が可能

媒介契約とは?種類とそれぞれの特徴を解説

媒介契約とは?種類とそれぞれの特徴を解説の画像

前項にて簡単にご紹介しましたが、仲介で不動産売却をする場合「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3種類の契約方法から1つを選んで契約することになります。これらはそれぞれ特徴が異なり、より理解しておかないと契約後に後悔してしまう可能性もあるので、ぜひチェックしておきましょう。

一般媒介

一般媒介契約とは、契約方法の中で売主にとって1番自由度の高い方法です。仲介を依頼できる不動産会社は複数となり、さまざまな不動産会社から買取希望者を募ってもらうことができます。さらに自分で買主を見つけてくることも可能なので、よりよい条件で買い取ってくれる方を見つけられる可能性もあります。

そのため時間がかかっても高く売りたいという場合は、一般媒介契約を選ぶ方が多いようです。ただし一般媒介契約は自由度が高い分、売主の負担になる部分もあります。

複数の不動産会社に依頼することで、それぞれの担当者から連絡を受けることになります。そのすべてに自分で対応しなければならないので、同じことを何度も聞かれて面倒に感じてしまったり、連絡が多すぎて煩わしさを感じてしまったりする可能性があります。

また一般媒介契約の場合は、不動産仲介会社が物件情報を確認するシステムである「レインズ」への登録が任意となっています。また販売活動の状況報告についても決まりがないので、現状を確認したい場合は自分で不動産会社に問い合わせする必要があります。

専任媒介

専任媒介契約とは不動産会社1社のみに依頼できる方法で、併せて自分で買主を見つけることも可能な契約方法です。3つの契約のなかでは自由度もありつつ、ある程度不動産会社に売却を任せられる、バランスの取れた契約方法だといえます。

一般媒介契約のようにいくつもの不動産会社と連絡を取る必要がないので、売主の負担も減らすことができるでしょう。また専任媒介契約を結ぶと契約締結後7日以内にレインズへの登録が義務付けられており、不動産会社から売主に対し2週間に1回以上の販売状況報告義務も発生します。

そのためより幅広い範囲で買主を探すことになり、よりよい条件で買い取ってくれる方を見つけられる可能性もあります。また自分から不動産会社に問い合わせなくても状況を報告してもらえるので、そのあたりの手間も減らすことができます。

専属専任媒介

専属専任媒介契約は3つの契約方法のなかでは1番自由度の低い契約です。仲介を依頼できるのは1社のみとなり、さらに自分で買主を見つけた場合でも依頼している不動産会社に仲介してもらわないと契約ができません

その分レインズへの登録義務が契約から5日以内、状況報告は7日に1回以上と決まっているので、より素早い対応や細かなやり取りが可能となり安心感があります。また専属専任媒介契約の場合は、買主を見つけられれば必ず利益を得られることから、不動産会社が積極的に販売活動を行ってくれる傾向にあります。

契約期間が3か月と定められているので、とくに売りにくい物件の場合はより積極的に販売活動が行われることが多いです。そのためほかの契約方法に比べて早く買主を見つけられることも珍しくありません。条件は厳しくなりますが、1番手間をかけずに早く売却できる可能性があるのは専属専任媒介契約なので、忙しい方や不動産会社におまかせしたい方に向いています。

POINT
  • 仲介には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類の契約方法がある
  • それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで最適な契約方法を選ぼう

もし売却するとしたらどのような不動産売却業者に依頼したい?アンケート調査しました!

不動産売却では依頼する売却業者の質にこだわるのが大切です。どういった不動産売却業者を選ぶのかによって、スムーズに売却できるかどうかなど結果は大きく変わってきます。しかし、不動産の売却の経験があまりなかったりする場合、不動産売却業者の良し悪しを判断するのは難しいことでしょう。そこで、どのような不動産売却業者に依頼したいかについてのアンケート調査を実施したので、ぜひ結果を参考にしてみてください。

「もし売却するとしたら、どのような不動産売却業者に依頼したいですか?(複数選択可)」という質問をしたところ、結果は以下のようになりました。

不動産売却についてのアンケート結果画像

第1位は「実績が豊富で信頼性がある」で30%でした。不動産売却業者は実績を豊富に持っているところなら高い売却力や対応力を持っていることが期待できるので、選ぶ際は実績にしっかり注目するようにしましょう。

どれだけの実績があるのかというのは、多くの場合ホームページで確認できるようになっています。もし確認できないようであれば、相談の際などに聞いてみるとよいでしょう。

第2位は「地域の情報や価格相場に詳しい」で28%でした。地域の情報に詳しい不動産売却業者は、ほかの業者では知ることができないような情報まで持っているケースが多いため、その点が非常に大きなメリットとなります。

また、価格相場についても精通していれば、売却においてより最適な提案が行えます。地域との密着度についての確認も忘れてはいけません。

第3位は「親身になって対応してくれる」で26%でした。対応のスタイルも見ておかなければいけない点のひとつです。

機械的な対応をするのではなく、なるべく親身な対応をしてくれるところを選んだほうが、不動産売却は成功しやすいといえます。なぜなら、対応が親身であるほどこちらの要望を確実にくみ取ってくれる可能性が高いからです。そういった業者を選べば、こちらが求めるものとは違う提案をされてしまうようなリスクを減らすことができます。

第4位は「仲介だけでなく買取にも対応している」で15%でした。不動産売却の方法には仲介以外に買取も存在します。不動産売却業者に仲介してもらって買い手に売却するのではなく、売却業者に直接買い取ってもらうという方法です。買取に対応していれば、少なくとも売却することができなかったというようなことになるのは避けられるので安心です。

以上がアンケートの結果となります。続いては、不動産売却業者の選び方のポイントについてより詳しく解説していきます。

不動産売却業者の選び方のポイント

不動産売却業者の選び方のポイントの画像

不動産売却業者は宇都宮市にも数多くあるため、どこに依頼すればいいかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここではそんな方のために、不動産売却業者を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。後悔しないようにするためにも、自分にとって最適な不動産売却業者を見つけてください。

実績と信頼性

不動産売却業者選びでまずチェックしたいのは、これまでの実績や信頼性です。直近でどのような不動産をどのくらい販売しているのかを見れば、売却活動をしっかりと行っている不動産売却業者であるかどうかをある程度把握することができます

また信頼性をチェックするためには、創業から何年経過しているのかを見てみましょう。もちろん創業間もない不動産会社でも実力のある会社はありますが、やはり長く運営している不動産会社の方が安心感があり、その地域でも信頼されているということになります。

より安心して大切な不動産を売却するためには、きちんと売ってくれるような実績があるか、不安なく任せられる信頼性があるかをチェックして後悔しない不動産売却業者選びをしましょう。

地域密着の不動産

不動産売却業者は、できるだけ地域密着型の営業をしている業者を選ぶことが大切です。不動産は地域によって価値が大きく変わるものであり、さらに時期や流行などによっても価格やニーズがつねに変動するものでもあります。

そのため地域の特性や相場、ニーズなどをよく理解している不動産売却業者でないと適切な価格や販売方法での売却ができない可能性があります。逆に地域のことをよく把握していれば、納得できる価格や条件を提示してくれるだけでなく、買取希望者に対してより魅力的な宣伝をしてくれたり売れやすい方法で販売してくれたりするので早期に売却できる可能性もあります。

どうしても大手不動産売却業者を選びたくなってしまう方もいるかもしれませんが、大手の場合地域のことについてはよく理解していないことも珍しくありません。納得できる売却をするためには、その地域で長く運営を続けていて、地域の方に信頼されている不動産売却業者を選ぶことが大切です。

サポート・コミュニケーション

実績などももちろん重要なポイントではありますが、大切な不動産を手放す際には、できるだけ信頼できる相手に任せたいと思う方が多いはずです。依頼したことを後悔しないためにも、しっかりとサポートやコミュニケーションを取ってくれる不動産売却業者を選びましょう。

とくに担当者の人柄は、信頼度につながる大きなポイントです。不動産売却の目的や要望、また関連する悩みなどをしっかりと聞いて、それを解決してくれるようなアドバイスやサポートをしながら売却活動を進めてくれるような不動産売却業者なら安心です。

実際にどのようなサポートや対応をしてくれるのかは相談してみなければわからないところなので、口コミなどを参考にするのもおすすめです。口コミを見て信頼できそうだと感じたら、実際に相談してみてコミュニケーションの取りやすさやサポートの内容などを確認してみてください。

対応エリア

とくに地域密着型で営業している不動産売却業者は、対応エリアがある程度限られていることがあります。どんなに魅力的な不動産売却業者だとしても、自分が売却したい不動産のあるエリアに対応していなければ意味がありません。

対応エリアは公式サイトに明記されていることもあればそうでない場合もあります。後者の場合は、これまでの実績を見てどのようなエリアに対応しているのかをチェックしてみたり、お問い合わせをして対応可能であるかどうかを確認してみたりするといいでしょう。

POINT
  • 実績や信頼性があり地域密着型の不動産売却会社を選ぼう
  • サポートやコミュニケーション面でも信頼できる不動産売却業者がおすすめ

不動産売却の流れと必要書類

不動産売却の流れと必要書類の画像

初めて不動産売却をする方にとっては、売却の方法や必要な書類などについてわからないことも多いと思います。ここでは不動産売却の流れと、必要書類についてそれぞれご紹介していくので、売却を依頼する前にぜひチェックしてみてください。

不動産売却の流れ

不動産を売却することを決めたら、依頼したい不動産会社をいくつかに絞り売却の相談をしたり査定をしてもらったりします。査定とは不動産会社が相場や不動産の状況から、売却する不動産が売れそうな価格をつけることを指します。

査定には机上査定と訪問査定の2種類がありますが、より正確な査定額を出してもらうためには訪問査定をしてもらうのがおすすめです。この際1社のみに依頼するのではなく、複数の不動産売却業者に依頼して見積もりを取ると、不動産の相場が分かり条件の比較などもできます。

査定を経て依頼する不動産売却業者を決めたら、売主と不動産売却業者で媒介契約を結びます。契約の方法はすでにご紹介しているように「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類あるので、最適な方法を選んで契約を結びましょう。

媒介契約を結ぶと不動産会社が正式に仲介として売却活動を開始します。自社サイトやポータルサイト、広告などを駆使して買取希望を募り、興味を持った方からの問い合わせなどにも不動産売却業者が対応します。

実際に内見を希望する方がいた場合は、不動産売却業者に任せることもできますが、売主が立ち会って案内や説明をするのが一般的です。内覧日の調整や事前準備などは、不動産売却業者にサポートしてもらいながら行いましょう。

内覧などで不動産を気に入った方がいれば、購入の申込みを受けます。またこの段階で買主からの条件交渉、おもに値引き交渉を受けることがあります。それにどの程度対応するかは事前に決めておき、条件交渉は前向きに検討すると売り時を逃さず良いタイミングで売却できます。

価格以外にも引き渡しの時期なども交渉し、お互いの納得できる条件に落ち着き買主から不動産会社経由で購入申込書(買付証明書)を受け取ると正式に買主が決定し売買契約の締結に進みます。不動産売却業者が、買主側の住宅ローン事前審査や物件の最終調査を行い、問題なければ契約を進めていきいます。

売買契約には売主と売主側の仲介業者、買主と買主側の仲介業者が一堂に介して行うのが一般的です。宅地建物取引士が同席し、重要事項説明書の読み合わせを行ったら売買契約書を締結します。契約では本人確認と手付金の授受が行われます。

契約内容に問題がなければ売主と買主が契約書への署名・捺印を行い売買契約は完了となり、契約書内で定めた日時で決済と引き渡しが行われます。売主、買主、不動産会社、金融機関の担当者を交えて決済が完了した不動産の引き渡しとなります。

万が一売却する物件に銀行のローンが残っている場合は、決済の前に抵当権の抹消をする必要があります。金融機関へ連絡すると必要書類を準備してくれるので、事前に相談しておきましょう。

不動産のやり取りはこれで終了ですが、売却によって利益を得た場合は、売主が翌年の確定申告を行う必要があります。確定申告を行うことで利益にかかる税金の額を減額できる特例の制度があるので、必ず手続きを行いましょう。確定申告を終えると、不動産売却に関する手続きはすべて完了です。

売却手続きに必要な書類

不動産の売却時にはさまざまな書類を用意する必要があります。不動産の種類や売却方法によって若干違いはありますが、下記が必要書類なので事前に準備できるものは揃えておきましょう

売却手続きから売買契約締結までに必要な書類など

・土地、建物登記済証または登記識別情報
・実印
・印鑑証明書(3か月以内に発行したもの)
・固定資産税、都市計画税納税通知書
・物件購入時のパンフレットや管理規約、管理組合総会議事録など(集合住宅の場合)
・建築確認通知書、検査済証
・測量図、建物図面、建築協定書など
・物件状況等報告書
・設備表
・印紙または印紙代
・本人確認書類
・仲介手数料(半金)

引き渡し時に必要な書類など

・銀行口座書類など
・抵当権抹消書類
・住民票
・物件の鍵
・仲介手数料(残金)

POINT
  • 不動産売却の流れを把握しておこう
  • 書類は不動産売却業者からの指示もあるのでよく確認したうえで準備して

不動産を早く、高く売るポイントとは?

不動産を早く、高く売るポイントとは?の画像

不動産を売却する場合、多くの方が手間をかけずにできるだけ早く、そして高く売りたいと思うのではないでしょうか。ここでは不動産を早く高く売るためにおさえておきたいポイントをご紹介するので、売却を依頼する前にチェックしておきましょう。

相場を知る

高く売却するためには、まず自分でその地域の不動産の相場を調べて知っておくことが大切です。相場を知っておけば不動産会社が提示してきた価格とあまりに違う場合、その理由を質問することができます。

不動産会社にはほかの不動産会社と手を組み、手を組んだ不動産会社の買い手により安く買わせることでキックバックをもらっていたという例もあります。これは相場を知っていれば防げることであるため、事前に自分で相場を調べて損をしないようにしておきましょう。

不動産の相場は不動産ポータルサイトで現在売られている物件の価格を見たり、レインズマーケットインフォメーションという、これまでに取引された不動産の価格情報を提供しているサイトなどをチェックしたりして調べることができます。

信頼できる不動産会社を選ぶ

高く売却するためには、できるだけ信頼できる不動産会社を見つけることも重要なポイントです。不動産会社には、顧客の利益よりも会社の利益や自分の成績を1番に考えるスタッフもいます。そういったスタッフがいる場合、そもそも会社単位で顧客の利益を後回しにしていることが多いです。

このような不動産会社に依頼すると損をしてしまう可能性があるので、売主の利益をしっかりと考えてくれる信頼度の高い不動産会社を選ぶことが大切なのです。また売却の主導権を自分で握るようにすると、うまく言いくるめられたり不利益になることを提案されたりすることがなくなるので損をしにくいといえます。

メンテナンス

より高い価格で売却するためには、買取希望者を納得させるような物件であることが大切です。そのためには売却活動を開始する前に、不動産のメンテナンスをしっかりと行っておくようにしましょう。

ただしメンテナンスといっても、リフォームやリノベーションなどをする必要ない場合も多いです。購入者が購入後にリフォームなどを予定している場合は、その費用が無駄になってしまうことがあるからです。購入希望者が内覧に来た際に、印象をよくするために整理整頓や掃除をしっかりとおこない、印象をよくしておくことで希望に近い価格で売れたり早期に買取希望者が現れたりする可能性があります

メンテンスについてはどの程度するべきかを不動産会社でアドバイスしてくれることがあるので、一度相談した上で行うのがおすすめです。

タイミング

売却のタイミングを逃さないことも、早く高く売るポイントです。とくに不動産がもっとも高く売れるのは年度末と言われており、進学や就職、異動などで新居を探す方が多い1月~3月は高くても売れやすい時期とされています。

また9月の異動に向けた7月~8月も高値で売りやすい時期です。これ以外の季節になると人気のエリアでも売れなくなってしまうことがあるのでタイミングを逃さないようにしましょう。

さらに、高値にこだわりすぎて売るタイミングを逃してしまうケースもあります。売却時は価格交渉をされるのが一般的なので、あらかじめ落とし所を決めておくとタイミングを逃さずに売却することができるでしょう。

POINT
  • 早く高く売るためには相場を知って、信頼できる不動産会社を見つけることが大切
  • 時期や価格などで売却のタイミングを逃さないようにしよう

よくある質問


A相談から成約、引き渡しまで、1か月~6か月を目安とするとよいようです。


A売却相談は、あらかじめ所有不動産の詳細がわかるものを準備しておくと、相談がスムーズに進むようです。登記済証(権利証)または登記識別情報や分譲時のパンフレット、土地の測量図面や建物の図面などを準備しておくとよいでしょう。


A可能なようです。中古物件の場合、ほとんどの方が住みながら売却を進めているというのが実情となっているようです。


A仲介手数料、司法書士報酬料、売却にかかる税金などが必要となるようです。

不動産売却を検討しているならまずは見積もりをしてみよう

不動産売却を検討しているのなら、まずは気になる不動産売却業者に見積もりを依頼してみましょう。見積もりを依頼することで不動産会社の対応やサポート内容もある程度把握できるので、依頼するべき不動産会社もわかってくるはずです。

宇都宮市内にもたくさんの不動産売却業者がありますが、地域のことをよく理解しており、親身な対応で安心して取引ができる不動産会社に依頼すれば後悔のない売却ができるはずです。

   

【宇都宮】おすすめの不動産売却業者ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
サービス名三栄不動産センチュリー21 ハウスゲート(宇都宮不動産売却査定センター)ピタットハウス東海住宅LIXIL不動産ショップ 小金井不動産ハウスドゥアスム
特徴地域に根差し、信頼を得ているブランド力が高い独自の多彩な売却システム地元密着の売却力宅建士が14名在籍している豊富なデータで信頼度が高い査定を行う空き地・空き家管理サービスも用意
営業時間・定休日営業時間 9:00~18:00 定休日 日曜日営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】
営業時間 10:00〜17:00
定休日 火曜日・水曜日・祝日
【宇都宮支店】
営業時間 9:30~18:30
定休日 火曜日・水曜日
【小金井不動産 鶴田店】
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
【ハウスドゥ! 宇都宮東店】
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜日
営業時間 9:30~19:00
定休日 火曜日・水曜日
電話番号028-636-81040120-803-510【宇都宮東店(河内土地建物株式会社)】
028-610-7739
【宇都宮支店】
0120-089-087
【小金井不動産 鶴田店】
028-612-3668
【ハウスドゥ! 宇都宮東店】
028-660-4033
028-666-5366
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら