不動産売却に必要書類とは?スムーズな手続きと正確な情報提供を確保しよう!

公開日: 2024/02/15 最終更新日: 2023/09/06

これから不動産を売却したいと考えている人は、必要書類の準備に取り組む必要があります。自分だけではなく相手が存在するので、迷惑をかけないようにスムーズに手続きすることが大切です。今回の記事では、必要書類の作成要領や、専門家のサポートを受けるメリットなどについて紹介するので参考にしてください。

売買契約書や譲渡登記書類の作成と確認

書類をスムーズに作成できるように計画的に行動しましょう。

スムーズな手続きが望まれる

売買契約を締結するときは、自分だけではなく相手が存在します。そのため、自分の時間に余裕があるときに取り組むのではなく、スムーズな手続きを行うようにしましょう。

期日に間に合わせるだけではなく、できる限り早く手続きを済ませる心がけが大切です。このような姿勢で取り組んでいると、信頼関係を構築できるので、トラブルを未然に防止できるようになります。

反対に、期日に間に合わない、連絡がすぐに返ってこない、書類の不備が多いなどの状態が慢性的に発生していると、相手の不信感が募っていきます。

住民票や印鑑証明書を発行してもらう必要がある

まずは、必要書類を用意するための準備が必要です。市区町村役場などで、住民票や印鑑証明書を発行してもらう必要があります。そのために、身分証明書や実印が必要になるので、市区町村役場に出かけるときは忘れずに携行しましょう。

ただし、あまりにも早く準備を始めるのはよろしくありません。その理由は、住民票や印鑑証明書の有効期限が、発行から3か月以内となっているからです。

住宅の履歴を意識する

これまでの住宅の履歴を相手に伝えられるように意識して作成しましょう。少しくらいミスがあっても仕方ないと考えて取り組むのではなく、分からないところがあれば不動産業者に質問してください。

書類の作成が面倒に感じられるときがありますが、避けてはとおれない道なので、期日までに間に合うように計画的に取り組んでください。そして、売買契約書や譲渡登記書類の記載方法などはあらかじめ決まっているので、作成した後は確認作業も怠らないようにしましょう。

所有権証明書や公図の提出と必要な手続き

自宅で保管している書類を用意することになります。紛失している場合は、市区町村役場などで再発行してもらえます。

土地測量図や境界確認書が必要となる

こちらは、一戸建てや土地を売却するときに必要な書類です。売却の範囲を確認するために必要になります。

境界線が明確になっていないと、隣地所有者や地主とトラブルが発生してしまうので注意してください。境界線が明確になっているときは問題ありませんが、明確になっていないときは、隣地所有者と協議して了解を得てから測量図を作成することになります。

土地測量図を取得する場所は法務局になります。ただし、境界確認書は、公的に保管されているものではありません。自宅で保管している場合は問題ありませんが、紛失している場合は測量を依頼した業者に問い合わせてください。

マンションの売買で必要な書類

マンションの管理規約、維持費などについて明記されている書類は、マンションを売却するにあたって必要不可欠です。とくに、中古マンションの取引においては、マンションがどうやって維持管理されているのか、ペットの飼育ルールなど、使用にあたってのルールを理解する必要があります。

そしてもちろん、維持費などのランニングコストも重要な情報であることは間違いありません。これらの書類は、売買契約時以前のタイミングで提示することが望ましいため、早めに仲介会社に確認しましょう。

一戸建ての売買で必要な書類

建築確認済証や検査済証は、一戸建ての売買で必要な書類となります。こちらの2つが所有権証明書になります。建築基準法に則って工事していることを証明できるものなので、売主にとっても買主にとっても大切な書類です。

また、建築設計図書や工事記録書などには、どのような設計や工事が行われたのか記載されているので、リフォームや建物のメンテナンスを行うときに有効です。これらの書類は市区町村役場で発行してもらえるので、紛失している場合は準備しましょう。

耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書などが必要

巨大地震に対する備えとして、耐震診断報告書が必要になります。とくに、築年数が古い建物は求められるケースがあるので知っておきましょう。そして、アスベスト使用調査報告書は、トラブルを防止するためにも準備しておいたほうが望ましい書類になります。

専門家のサポートを受けて正確かつ完全な書類を準備する重要性

困っているときは自分だけで悩まずに、専門家に相談しましょう。時間を節約できるので、手間を省けるようになります。

事前に準備することが大切

スムーズな手続きを行うためには、事前に準備することが大切です。たとえば、書類を紛失している場合は再発行などの手続きで時間を要してしまいます。そのようなことも想定して準備を進めていきましょう。

専門家のサポートを受けるメリット

書類を完璧に作成するのは、専門的な知識を保有していない人には難しいときがあります。そのようなときは専門家のサポートを受けましょう。

専門家のサポートを受けるメリットとして、時間を節約できる、書類を完璧に作成してもらえる、相手に迷惑をかけないなどが挙げられます。

まとめ

不動産を売却するときに必要な書類はたくさんあります。自宅に保管しているものから、法務局や市区町村役場などで受け取るものもあるので、チェックリストを作成するなどして漏れが無いようにしましょう。

そして、書類を作成するときは間違えないようにしなければいけません。自分で作成するのが難しい人は、遠慮なく専門家のサポートを受けましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家の売却は大きなお金が動き、さまざまな税金が発生します。この記事では、家を売却する際に払わなければいけない税金から、節税のための控除と特例制度まで、解説します。不動産市場での取引において、税

続きを読む

家を売る際、季節や築年数などのタイミングは、成功の鍵となる要素です。本記事では、家を売る最適なタイミングを判断する基準や市場動向、そして早期売却のコツについてもくわしく解説します。家を売りた

続きを読む

マンションの場合の売却相場 マンションを売るには、不動産売却についてきちんと理解しておかなければいけません。また売る地域の特徴やどんな物件が高く売れやすいかもきちんと知っておく必要があります

続きを読む

これから不動産を売却したいと考えている人は、必要書類の準備に取り組む必要があります。自分だけではなく相手が存在するので、迷惑をかけないようにスムーズに手続きすることが大切です。今回の記事では

続きを読む

不動産売却は生涯で一度あるかないかの大きな決断であり、専門的な知識と経験を必要とします。ここで頼りになるのが、不動産売却の仲介業者です。仲介業者の知識と経験は、スムーズな売却を実現する鍵とな

続きを読む

不動産売却の際、思いがけない出費として「手数料」があります。しかし、具体的な費用や計算方法を理解している人は少ないのではないでしょうか。本記事では、不動産売却に関わる手数料の内訳とその計算方

続きを読む

蘭学通り不動産 住所:〒321-0225 栃木県下都賀郡壬生町本丸2丁目1−5 佐藤ビル 1階 電話番号: 0282-21-8788 蘭学通り不動産は宇都宮など、栃木の不動産売却に強い不動産

続きを読む

宇都宮不動産株式会社 住所:〒321-0904 栃木県宇都宮市陽東3丁目27-3 ウィスタリア1F 電話番号: 028-680-5766 宇都宮不動産は地元、栃木宇都宮で59年続く老舗不動産

続きを読む

今、住んでいるマンションを売りたいと検討していませんか?もし、そのように考えている方は価格の決め方を知っておくとよいでしょう。たとえば、売り出し価格と成約価格の違いは、知っていますか?大切な

続きを読む

住所 【有限会社エコー】 〒321-0968 栃木県宇都宮市中今泉3丁目11-11 営業時間・定休日 営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日・日曜日 電話番号 028-614-101

続きを読む